備えて安心 防災対策

非常用発電機は災害時の暮らしと人命を守ります。

備えて安心
防災対策

非常用発電機は災害時の暮らしと人命を守ります。

年に一度の負荷試験が義務化されました。
株式会社IRISは非常用発電機の保守メンテナンスに取り組んでいます。
弊社にお任せください。

年に一度の負荷試験が義務化されました。

株式会社IRISは非常用発電機の保守メンテナンスに取り組んでいます。
弊社にお任せください。


非常用発電機には3つの点検が必要です

非常用発電機には
3つの点検が必要です

①電気事業法の定期点検

電気系統の点検と無負荷(空ふかし)による試運転

②消防法の定期点検

半年に1回の機能目視点検と1年に1回の無負荷(空ふかし)による試運転

③実負荷試験や模擬負荷試験

1年に1回負荷をかけて点検
(実負荷試験は施設の一部、または全部を停電状態にして点検を行う必要がある)

負荷試験とは

非常用発電機に30%以上の負荷をかけ、規定通りに稼働するかどうかを確認する試験のことです。
負荷試験は定期点検で行うよう規定されています。
非常時に正常に稼働させるためにも、非常用発電機の負荷試験を行いましょう。

病院、介護施設、宿泊施設、大型スーパーなど停電の出来ない施設では、疑似負荷試験が現在の主流となっています。

負荷試験とは?

負荷試験

非常用発電機に30%以上の負荷をかけ、規定通りに稼働するかどうかを確認する試験のことです。
負荷試験は定期点検で行うよう規定されています。
非常時に正常に稼働させるためにも、非常用発電機の負荷試験を行いましょう。

病院、介護施設、宿泊施設、大型スーパーなど停電の出来ない施設では、疑似負荷試験が現在の主流となっています。

実負荷試験

<費用例>

約70~300万円

約70~300万円

全館停電が必要となる場合がある点検方法です。大人数での対応が必要となるため、コスト高となります。

疑似負荷試験

<費用例>

約10万~50万円

約10万~50万円

発電機の系統を一時的に切り離し、専用の疑似負荷装置をつなげて負荷をかける試験方法です。

<メリット>
① 全館を停電および瞬停にさせない。
② 24時間稼働の施設でも可能
③ 安定した負荷率の供給
④ 施工時間はおおよそ2時間程度
⑤ 2名1組にて実施、大幅なコストダウンが見込める

まずはお気軽にお問い合わせください

いざという時に非常用発電設備は起動・発電できますか?

まずはお気軽にお問い合わせください

いざという時に非常用発電設備は起動・発電できますか?

お電話でもお問い合わせください

0774-84-6005

9:00~17:00で土日祝日も受付中です!

お知らせ

    PAGE TOP
    MENU